記事一覧

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9/10 指標スキャルEAトレード結果 1勝1敗 -5pips

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人(1年目)へ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加してます。クリックしていただけるとうれしいです。

指標スキャルEAをまた少し修正して
少しでも早く注文が出せるようにコードを簡素化してみました。
デモでテストしたところ、なんとなく改善はされてるような気がしました。


昨日参戦したのはこれだけ。

20:00(加)8月雇用ネット変化率


逆指値注文が入らないと昨日のように虚しい結果となってしまうので
複数の通貨ペアで同時にEAを動かすようにしています。

今回はCAD/JPYとEUR/CAD、2つの通貨ペアで動かしました。

CAD/JPYのほうはBUYSTOPしか注文が入りませんでしたが、
運よく上がっていってくれたので勝てました。 
20100910_20_00__cadjpy_forex_live.gif

+10pips。

フォレックス・ドットコムMT4

一方EUR/CADのほうは、逆指値が2つきれいに入りましたが、
指標発表前に売りのほうが約定してしまい、なぜかその直後
決済されました。
20100910_20_00__eurcad_forex_live.gif

-15pips。


一瞬の出来事だったのでいったい何が起こったのかわかりませんでしたが、
キャプチャした動画を見ると、約定した瞬間にスプレッドが18pipsも
開いていたことがわかりました。

ストップを15pipsに設定していたので、約定した瞬間にロスカットされたというわけですね。

ポン円でも10pipsくらいしか広がらないので大丈夫だろうと、
検証もせずにいきなりEUR/CADでトレードしたのが失敗でした。
やるなら過去にトレード実績のあるUSD/CADでやるべきでした。

日々学ぶことが沢山あります。

FOREX.comの口座ではついに損失が1000円を超えてしまいました。
でも、勝率は17勝8敗1分とそんなに悪くないし
EAも少しずつ改善されてきているので、あまり落ち込んではいません。

システムトレードランキング
FXブログランキング
関連記事

コメント

Re: こんばんは

メタボトレーダーさん、コメントありがとうございます。

本当、EUR/CADにはやられました。たぶん二度とやらないと思います。

> 注文が入らないことにつきましては、よろしければ、こちらを参考にしてみてください。
> http://ameblo.jp/enjoy-xyz/entry-10641778743.html

情報提供ありがとうございます。

ですが、ログを見ても"Trade context is busy"というのは見つかりませんでした。

私が思うに、

1.FOREX.comの場合、現在の値から5pips以上離さないと指値・逆指値が入れられないので、
  逆指値の注文を出してから注文が入るまでの間に5pips以内に値が動いてしまった

2.同時に複数の注文を出しても1つずつしか処理されない仕様で、複数の通貨ペアで稼動させる場合
  タイムラグが大きくなり注文可能な制限時間を過ぎてしまう

という原因があるのではないかと考えています。

2.の「1つずつしか処理されない仕様」というのはログを見て私が勝手にそう感じただけで、
実際のところはわかりません。
ですが、これが当たってるとしたら、複数の通貨ペアで同時に動かすより
1つの通貨ペアに絞ってトレードしたほうが確実性は上がるはずです。

私は指標発表の10秒前に逆指値注文を入れるようにしていますが、
複数の通貨ペアで動かしたいときにはメタボトレーダさんのように20~30秒くらい前から注文を入れ、
指標発表までの間は値動きに合わせて逆指値の位置をずらすというような工夫が必要かもしれませんね。

こんばんは

ボラの小さな通貨ペアだと、スプレッドの拡大や大きなスリッページといった問題が生じますね。

注文が入らないことにつきましては、よろしければ、こちらを参考にしてみてください。
http://ameblo.jp/enjoy-xyz/entry-10641778743.html

コメントの投稿

非公開コメント

  

ツイッター

リンク

プロフィール

ekopapa

Author:ekopapa
2010年3月にFXを始め、裁量ではなかなか勝てずシステムトレードへの道を選択。少しずつですが利益を上げられるようになったが,このペースでは全然目標を達成できないと感じて2014年9月から裁量トレードの勉強を再開。

アクセスカウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。