記事一覧

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/06 指標スキャルEA, 肉食系EAのトレード結果

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人(1年目)へ 人気ブログランキングへ ←ランキングに参加してます。クリックしていただけるとうれしいです。

どうでもいいことですが、
今まで仕様変更の度に何度も名前を変えてきた指標スキャルEAですが、
最近またenPower(エンパワー)と改名しました。

21:15 (米)9月ADP雇用統計(前月比)★★★★


最近米国の指標では大きく動くことが減ってきてる気がするので、参戦するかどうか迷いましたが、
結局ドル円、ユロ円で参戦しました。

TPはどちらも15pipsに設定しましたが、あと1、2歩及ばずトレーリングストップにかかって終了。

USDJPY +3pips
20101006_21_15__usdjpy_forex_live.gif

EURJPY +5pips
20101006_21_15__eurjpy_forex_live.gif

参戦してませんが、ポン円もけっこう動きましたね。
でも、ポン円はスプレッドの広がりが大きいので私はあまり参戦する気になりません。
20101006_21_15__gbpjpy_forex_live.gif


今回のトレードでEAの問題を一つ発見しました。
トレール幅を5pipsに設定してたので、ちゃんとSL変更の注文が通っていれば
もう少し利を伸ばすことができたはずなのに、その注文の変更が間に合っていません。

SL変更の注文とそれが間に合わないときは成行きで決済する2段構えにしたほうがパフォーマンスが
向上しそうです。

フォレックス・ドットコムMT4

23:00 (加)9月Ivey購買部協会指数★★


フォーランドフォレックスのカレンダーでは★2つですが、Forex FactoryではHigh Impactになってたし、
前回も参戦してたので今回も加ドル円、加ドル米ドルで参戦することにしました。

あまり動かないと思ったのでTPは小さめに5pips。

CADJPY 
指標発表直後から1分以上固まってしまってトレードになりませんでした。
20101006_23_00_cadjpy_forex_live.gif

CADUSD +2pips
またもや[started/gap]発生。でも落ち着いて手動で利確できました。
20101006_23_00_cadusd_forex_live.gif



昨日ボコボコにやられた肉食系EAですが、
はんぞさんのブログを見てもそんな様子はありませんでした。
設定がおかしいのかと思ってよく見直してみたら、トレード時間の設定間違ってました。
設定変更後の今朝の成績は
米ドル円 1勝0敗 +2pips
ユロ米ドル 2勝0敗 +16pips
ユロ加ドル 1勝2敗 -2pips


システムトレードランキング
FXブログランキング
関連記事

コメント

Re: いろいろ想像をしてみましたが…

了解しました。

確認してみます。

いろいろ想像をしてみましたが…

やはり、このCADJPYの不思議な現象の背景は分かりません。

チャートが固まってもMT4(PC)が稼動していれば、処理条件にしたがってキャンセルされますが、私の記録では05秒には約定していますので、15秒後のキャンセルは、やはり不可解です。

お手数ですが、FOREXに確認願えますか?
私も興味がありますので。

Re: 不思議ですね

本当、不思議な現象です。
私のPC上でMTが固まったわけではなく、CADJPYのチャートだけが固まったんですよ。
逆指値注文のキャンセルを指標発表から15秒後に行う設定にしていましたが、
Tickが進まないとその間オーダーのキャンセルもできないはずですよね。

不思議ですね

試行錯誤は付きものでしょうが、快調ですね。

気になったのは、CADJPYのこと。
発注は既に為されてることから、発表直後にMT4が固まっても、どんな約定レートであろうと、後続の処理が停止しようと、既注文自体が無効になることはないと思うんですが…。
もし、そのようなことが起き得るのであれば、損切りのSLを置いても安心できなくなってしまいますよね。

コメントの投稿

非公開コメント

  

ツイッター

リンク

プロフィール

ekopapa

Author:ekopapa
2010年3月にFXを始め、裁量ではなかなか勝てずシステムトレードへの道を選択。少しずつですが利益を上げられるようになったが,このペースでは全然目標を達成できないと感じて2014年9月から裁量トレードの勉強を再開。

アクセスカウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。